HOME > TREK MENU

世界遺産 熊野古道

2004年「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産登録されました。熊野三山へと通じる三重県、奈良県、和歌山県、大阪府にまたがる道のこと。伊勢と熊野速玉大社を結ぶ伊勢路、その伊勢路の花の窟から分かれて熊野本宮大社に向かう本宮道のほか、大阪から和歌山を経て熊野に至る紀伊路は田辺で熊野本宮に向かう中辺路と、そのまま紀伊半島を海岸線沿いに那智へ向かう大辺路、高野山から熊野本宮へ向かう小辺路、吉野から熊野本宮へ向かう奥駈道とも呼ばれる大峯道などのいくつかのルートがあります。日本書紀の頃から自然崇拝の地として登場している歴史の古いものです。それ以降、上皇・女院のみならず庶民のあいだにも熊野詣が広く行われ、「蟻の熊野詣」と例えられるほど、多くの人々が切れ目なく熊野に参詣したと伝えられています。道の舗装に使われた【石畳】は現在も残っており、先人達の足跡を今なお語り継いでいます。

道端で何か見つけた!.jpg

世界遺産 熊野古道伊勢路・馬越峠コース

道の駅海山をスタート地点に馬越峠(標高325m)を越え尾鷲市街に戻って来る、約5kmのコースです。時間にすると約4時間、休憩をはさみつつ皆様のペースに合わせて歩いて行きますので、女性もお子様も安心してご参加ください。もちろんあの有名な石畳の上も歩いちゃいます。自然に囲まれ、木々から伝わるパワーや小さな動物や昆虫、道沿いに咲く花などにも出逢うことができます。小雨でもコースは決行しますが、雨に濡れる熊野古道は、晴れのときとはひと味違う神秘的な雰囲気を味わえますよ。